tabby's memorandum

tabby's memorandum

洋楽ロック中心に、浅く狭く(^_^;) 気ままなCD整理簿みたいなブログです♪

『SUPERNATURAL』Season1 の音楽

海外ドラマ『スーパーナチュラル』シーズン1(2005年~2006年)の音楽メモです。
間違っている曲やリンク切れがあれば、教えていただけると嬉しいです。

"海外ドラマの音楽"メインページはこちら

『SUPERNATURAL』Season1で使われた曲

Blacklist_1-1

ドラマの中で使われた曲をまとめてみました。
Video版で確認、クラシック、イメージ音楽等は除外としてます。

お願い: 再生時は曲を停止してからポップアップを閉じてくださいね。(対策模索中)

1-1. 悪夢のはじまり

_ Pilot

  • Ginger - Gasoline  
    scene:サムとジェシカ、ハロウィンパーティーへ行く準備の時
  • Classic - What Cha Gonna Do  
    scene:ハロウィンパーティーで
  • Eagles of Death Metal - Speaking in Tongues  
    scene:トロイが"白いドレスの女"に出会う前、車の中で
     pick out "Eagles of Death Metal"
  • Allman Brothers Band - Ramblin' Man  
    scene:ガソリンスタンドで、サムがディーンのカセットテープにケチをつける
  • AC/DC - Back In Black  
    scene:ディーンがインパラのエンジンをかけると
  • AC/DC - Highway to Hell  
    scene:事件が解決してサムを送る

1-2. 闇と戦う旅出

_ Wendigo

  • Hot Blooded - Foreigner  
    scene:サムが、ジェシカのお墓を訪ねる夢から覚めた時
  • Lynyrd Skynyrd - Down South Jukin'  
    scene:ディーンとサム、バーで
  • Rush - Fly By Night  
    scene:事件が解決してインパラで

1-3. 水辺の恐怖

_ Dead in the Water

  • Ratt - Round And Round  
    scene:調査に向かう
  • Billy Squier - Too Daze Gone  
    scene:ルーカスに絵をもらって
  • Bad Company - Movin' On  
    scene:事件が解決して町を出る時

1-4. 悪魔からの伝言

_ Phantom Traveler

  • Black Sabbath - Paranoid  
    scene:調査に向かう為スーツ姿に
  • Rush - Working Man  
    scene:空港に向かう途中

1-5. 鏡の中の真実

_ Bloody Mary

1-6. もう一人の自分

_ Skin

  • Iron Butterfly - In-A-Gadda-Da-Vida  
    scene:オープニング、警察が突入する場面
  • Lynyrd Skynyrd - Poison Whiskey  
    scene:サムとディーン、ガソリンスタンドで
  • Filter - Hey Man, Nice Shot  
    scene:シェイプシフターのディーンが警察から逃げ、地下道で変身
  • Free - All Right Now  
    scene:事件が解決して、インパラの中のシーン

1-7. 偽りの十字架

_ Hook Man

  • Split Habit - Higher Mathematics  
    scene:ローリ、デートの準備で
  • Quiet Riot - Metal Health (Bang Your Head) - Metal Health (Bang Your Head)  
    scene:事件の調査に向かう途中
  • Low Five - Noise  
    scene:寮でボディペイントをしているマーフに話を聞きながら
  • Paul Richards - U Do 2 Me  
    scene:パーティーで
  • Boston - Peace of Mind  
    scene:解決して出発する

1-8. 蟲

_ Bugs

  • Def Leppard - Rock of Ages  
    scene:バーで事件の記事を見る
  • Sonny Ellis - I Got More Bills Than I Got Pay  
    scene:オープンハウスで
  • Scorpions - No One Like You  
    scene:解決して出発

1-9. 帰宅

_ Home

None

1-10. 137号室

_ Asylum

  • Bachman-Turner Overdrive - Hey You  
    scene:バーで警官に話を聞く

1-11. 出会い

_ Scarecrow

  • Colepitz - Puppet  
    scene:メグがイヤホンで聴いていた曲
  • Creedence Clearwater Revival - Lodi  
    scene:メグと再会したバスステーションで
  • Bad Company - Bad Company  
    scene:メグが悪魔の電話をかける

1-12. 死神との取引

_ Faith

  • Blue Oyster Cult - (Don't Fear) The Reaper  
    scene:森の中で女性に死神に命を奪われる

1-13. ルート666

_ Route 666

  • The James Gang - Walk Away  
    scene:キャシーから電話がかかったガスステーションで
  • Bad Company - She Brings Me Love  
    scene:キャシーとディーンが昔に戻って
  • Blind Faith - Can't find My Way Home  
    scene:解決してキャシーとの別れのシーン

1-14. 悪夢ふたたび

_ Nightmare

  • The Bob Seger System - 2 + 2 = ?  
    scene:ガレージに入る男性の車の中で
  • The Bob Seger System - Lucifer  
    scene:ミシガンに向かう車の中

1-15. 血塗られた家

_ The Benders

  • Joe Walsh - Rocky Mountain Way  
    scene:サムとディーン、事件の話をしながらバーで

1-16. 闇との対決

_ Shadow

  • Little Charlie and the Nightcats - You got your hooks in me  
    scene:夜道、メレディスが音楽を聴きながら
  • Vue - Pictures of Me  
    scene:バーで、ディーンがバーテンに聞き込み
  • X - The New World  
    scene:バーで、メグと再会する

1-17. 死を招く屋敷

_ Hell House

  • Blue Oyster Cult - Fire of Unknown Origin  
    scene:車の中でディーンがサムに悪戯をする
  • Blue Oyster Cult - Burnin' For You  
    scene:ドライブインで聞き込みをしている時
  • Rex Hobart and the Misery Boys - Point of No Return  
    scene:コーヒーを飲みながらタルパについて話す
  • The Waco Brothers - Fast Train Down  
    scene:サムが悪戯の仕返しに接着剤を

1-18. 魔女

_ Something Wicked

  • UFO - Rock Bottom  
    scene:フィッツバーグに向かう車の中で
  • Ozzy Osbourne - Road to Nowhere  
    scene:解決して車で出発する

1-19. 呪われた肖像画

_ Provenance

  • Steve Carlson - Night time  
    scene:サムとディーン、バーで事件の話
  • Grand Funk Railroad - Bad Time  
    scene:サムとサラが絵を確認しに家の中へ、ディーンが待つ車の中で

1-20. 父との再会

_ Dead Man's Blood

  • Stevie Ray Vaughan & Double Trouble - The House Is Rockin'  
    scene:エルキンスが通っているバーで
  • Brian Keith Nutter - Searching for the Truth  
    scene:サムとディーン、食堂で事件を探す
  • 88 Crash - Trailer Trash  
    scene:ジョンが吸血鬼の話をする
  • Tito & Tarantula - Strange Face Of Love  
    scene:吸血鬼のアジトで

1-21. 駆け引き

_ Salvation

  • Kansas - Carry On Wayward Son  
    scene:"The Road So Far"

1-22. 悪魔の罠

_ Devil's Trap

  • Triumph - Fight The Good Fight  
    scene:"The Road So Far"
  • Joe Walsh - Turn To Stone  
    scene:車で逃げるディーンとサム
  • Creedence Clearwater Revival - Bad Moon Rising  
    scene:事故に遭うサムとディーン、ジョン

pick out -気になる音楽-

ドラマで使われた音楽の中の「気になる・好き・おもしろい」をメモしておきます。

"Eagles of Death Metal"

 episode1で使われた:Eagles of Death Metal - Speaking in Tongues

昨年は、来日&新譜で盛り上がりましたね~Queens of the Stone Age

そのジョシュ・オムの別プロジェクトとなるEagles of Death Metalも、またおもしろいバンドです。"デス・メタル"ってバンド名でも、音はえらく明るいロック。・・・いや陽気過ぎ。

MVもハッチャケてるので一つ・・・。これ、Foo Fightersデイヴ・グロールとJack Blackが出演してるんですよね。ふふふっ。

「I Want You So Hard」

しかし、ドラムのジョシュもカッコイイ(^o^)

関連リンク

  • 『スーパーナチュラル』その他のシーズン
    Season1(TOPに戻る)/Season2/Season3/Season4/Season5/Season6/Season7/Season8/Season9/Season10/Season11/Season12
  • "海外ドラマの音楽"メインページ

更新履歴

シーズン1全エピソードにUpdateしました(2018.05.15)

 

TOPに戻る

 

初期が好み♪ Silversun Pickups

持ってるアルバム1枚毎に記事にしてたけど、UPするより入手数の方が多いって・・・。「ずっと終わらない!」と当たり前な事にやっと気付いた(≧▽≦)

という事で、ちょっとまとめてメモ(^_^;)

Silversun Pickupsのアルバムまとめてメモ 

Silversun Pickupsは好み的には初期

Silversun Pickups

Silversun Pickups
(シルバーサン・ピックアップス)

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の4人組。

・Brian Aubert (Vo./Gt.)
・Nikki Monninger(Vo./Ba.)
・Chris Guanlao(Dr.)
・Joe Lester(Ky.)

デビュー当時は、ポスト・スマパンって言われてましたよね。確かに似てるけど、あー、紅一点の女性ベーシストというところもかぶるのかも。

インディ・ロック、シューゲイズなオルタナティブ・ロックバンドです。

私は特に好きなのは、歪んだギターに爆音、普遍的だけどポップでインディっぽさが強い2ndあたりまでかな(^^)

しかし、彼らの曲はどうしてこんなに切なく聴こえるんだろう。激しさの中にある儚さみたいな・・・。それって、ドラマティックな曲展開とメロディももちろんだけど、多分ブライアンの声質によるところが大きいと思うんですよね。この見かけの感じと違った(^_^;)繊細な声でシャウト!は絶妙です。

あと、もう一つ好きなのはドラム。パワフル過ぎて合わないという声もあるみたいだけど。確かに初期の曲は、自然と耳につくんだな~。

最近の曲は、よりキャッチーで洗練された音になってきてますね。ドラムも溶け込んじゃって。私的には少し寂しいけど、より確立されたこの世界観がたまらなく好きな人、きっと少なくないですよね。

Silversun Pickupsのアルバム

最新は2015年の4thだけど、持ってるのは1st~3rd。

『Carnavas』2006

Carnavas

★ my favorite album

2005年のデビューEPを経て、翌2006年にリリースされた1stフルアルバム♪

ヒットした2ndに比べると荒削りかもしれない。けど、そのインディらしい勢いがイイんですよね。ノイジーな爆音と、退廃的な雰囲気を醸し出す静動のバランスはこのアルバムが一番好き。

90年代好きにオススメしたい(^o^)

Vがカッコイイ大好きな曲「Well Thought Out Twinkles」
イイ曲です「Lazy Eye」

『Swoon』2009

Swoon

1stからの延長で、変拍子があったりより幅広く洗練された印象の2nd♪

2008年のサマソニに出演したと言うこともあるんですかね。このアルバムが一番知られていますよね、きっと。日本だけでなく、実際、彼らの出世作だし。

アルバム毎に進化して独自の世界が作られてきてるって感じる良作です。

ジャケットも、何かわからないけど色合いが好き。 

一番のヒット曲「Panic Switch」
変則的なリズムが心地良くて好き「There's No Secrets This Year」

『Neck of the Woods』2012

Neck of the Woods

電子的な音が増えたなーと感じる3rd♪

このアルバム、彼ら曰く「ホラー映画のような作品」なんだって(@_@)

よりドラマティック性を増した曲達は、確かに背筋がゾッとする雰囲気があるかも。

ジャケットだって、"普通の顔をした殺人鬼が住んでる近所の家"・・・を連想してしまいます・・・なんだか。

ホラー?な1曲目「Skin Graph」

メモして思ったこと

このバンド、3年毎にコンスタントにフルアルバムが出てるんですよね。

4thが2015年だから・・・来年かもしれないですね。

 

『The Blacklist』Season2 の音楽

海外ドラマブラックリスト』シーズン2(2014年~2015年)の音楽メモです。
間違っている曲やリンク切れがあれば、教えていただけると嬉しいです。

"海外ドラマの音楽"メインページはこちら

『The Blacklist』Season2で使われた曲

Blacklist_1-1

ドラマの中で使われた曲をまとめてみました。
Netflix版で確認、クラシック、イメージ音楽等は除外としてます。

お願い: 再生時は曲を停止してからポップアップを閉じてくださいね。(対策模索中)

2-1. ボルティモア

_ Lord Baltimore

  • ZZ Top - La Grange  
    scene:ヤバーリの元に連れて行かれるレッド
  • Caught a Ghost - No Sugar In My Coffee  
    scene:リズがホテルで支度をしながら
  • The Ink Spots - We Three  
    scene:ローワンの別人格になるスイッチの曲
  • Ages and Ages - Divisionary (Do The Right Thing)  
    scene:リズとトムの結婚の記録が抹消される

2-2. モナーク・ダグラス銀行

_ Monarch Douglas Bank

  • Handsome Furs - Legal Tender  
    scene:銀行が襲撃される
  • Tom Odell - Long way down  
    scene:ベルリンからナオミを取り戻す
  • Tom Odell - Heal  
    scene:レッドがリズに情報源の事を尋ねる

2-3. ジェームズ・コヴィントン医師

_ James Covington

  • Michael Rheault - Forever and a Day  
    scene:バーナード・バビットにコヴィントン医師の紹介を頼む
  • Fink - Pilgrim  
    scene:リズがホテルの部屋に戻る

2-4. ライナス・クリール医師

_ Linus Creel

  • The Chain Gang of 1974 - Make My Body  
    scene:ダンカンがアンバーとチャット
  • Junip - Tide  
    scene:リズがナオミを訪ねる

2-5. ザ・フロント

_ The Front

  • Scott Walker - The Seventh Seal  
    scene:男性がブラックライトの下で絵画の写真を撮る
  • Beck - Go It Alone  
    scene:リズの代役が窓際で監視人を誘惑
  • Cloud Cult - You Were Born  
    scene:レッドが治療中のリズに聴かせる曲

2-6. モンバサ・カルテル

_ The Monbasa Cartel

  • Poirier - Bang Bang (feat. Warrior Queen 
    scene:ルームサービスを装い男を殺す
  • Timber Timbre - Run From Me  
    scene:剥製師マシューの仕事中
  • Liturgy - Harmonia  
    scene:リズがエルサとしてジェフ・パールに会いに行く
  • Jody Brian Quartet - Drifting Home To You  
    scene:レスラーは森のなかで剥製となった人々に会う
  • Daniel Martin Moore - Proud As We Are  
    scene:事件が解決し、リスはレスラーの錠剤を見つける

2-7. シミタール

_ The Scimitar

2-8. デカブリスト

_ The Decembrist

  • Other Lives - Great Sky  
    scene:レッドはトムに、二度とリズに会わないように警告する

2-9. ルーサー・ブラクストン: 前編

_ Luther Braxton

  • The Who - Magic Bus  
    scene:レッド逮捕のニュース
  • The Brothers Bright - Blood on my name  
    scene:リズがブラクストンに捕まる

2-10. ルーサー・ブラクストン: 後編

_ Luther Braxton: Conclusion

  • Radical Face - Baptisms  
    scene:エピソードend

2-11. ルスラン・デニソフ

_ Ruslan Denisov

  • Vika - Want You  
    scene:レッドとレスラーが現状についての話をする
  • Mavis Staples - Every Step  
    scene:エピソードend

2-12. ケニヨン・ファミリー

_ The Kenyon Family

  • Homer Greencastle - All There Is?  
    scene:(28:50)山の中でリズが見つけた車から
  • Bobby Darin - Beyond the Sea  
    scene:エピソードend

2-13. ディア・ハンター

_ The Deer Hunter

  • Mama Cass - Dream A Little Dream Of Me  
    scene:女性が小鳥に話しかける
  • The Turtles - Happy together  
    scene:トレイシーがメアリーの家へ
  • Hozier - Angel Of Small Death & The Codeine Scene  
    scene:エピソードend

2-14. T・アール・キング6世

_ Earl King VI

  • Peter Schilling - Major Tom (Völlig Losgelöst)  
    scene:トムは次の仕事の準備をする
  • My Morning Jacket - Spring (Among the Living)  
    scene:キング家が逮捕される

2-15. 少佐

_ The Major

  • Rock und Rollinger - Von dr Alb ra (feat. Moggi)  
    scene:トム、ドイツのバーで
  • X Ambassadors - Heist  
    scene:判事との話の中での回想
  • King Harvest - Dancing In the Moonlight  
    scene:男が車で撃たれる

2-16. トム・キーン

_ Tom Keen

  • Radical Face - Always Gold  
    scene:エピソードend

2-17. 不老不死研究所

_ The Longevity Initiative

  • Josh Ritter - Baby That's Not All  
    scene:レスラーはリズの誕生パーティーをオフィスで

2-18. ヴァネッサ・クルス

_ Vanessa Cruz

  • Bitter:Sweet - Drink You Sober  
    scene:カールトンを呼び出したホテルの部屋で

2-19. レナード・コール

_ Leonard Caul

  • Hanni El Khatib - Save Me  
    scene:レッドの医療チームが準備をする
  • Glass Animals - Exxus  
    scene:術後のレッドが襲撃にあう前

2-20. クウォン・ザン

_ Quon Zhang

  • Peggy Lee - Big Spender  
    scene:(9:30)レッドは計画を話す
  • Don Brownrigg - How Are You Supposed To Know  
    scene:エピソードend

2-21. カラクルト

_ Karakurt

  • Barbara Lewis - Hello Stranger  
    scene:トムはリズをダイナーに呼び出す

2-22. トム・コノリー

_ Tom Connolly

  • Algiers - Black Eunuch  
    scene:リズが停電中に逃げる
  • Dustin O'Halloran - An Ending, A Beginning  
    scene:リズはトムに連れ去ってと頼む
  • Elton John - Rocket Man  
    scene:リズは昔の記憶を取り戻す

pick out -気になる音楽-

ドラマで使われた音楽の中の「気になる・好き・おもしろい」をメモしておきます。

"Mark Lanegan"

 episode7で使われた:Mark Lanegan Band - Bleeding Muddy Water

マーク・ラネガンは、80年代後半から90年代前半に活動していたグランジ・バンド"Screaming Trees"のフロントマン。

バンド解散後は、ソロの他にも"Queens of the Stone Age"はじめ、いろいろ参加してますけど、どこで聴いてもこの声は一発でわかります。お腹に響く太くて渋い低音は、聴き間違えようがないですね。

その"いろいろ"の中から、元ベル・アンド・セバスチャンのイザベル・キャンベルとのコラボを。この二人の声の組み合わせは絶妙です。

「Come Undone」by Isobel Campbell & Mark Lanegan

関連リンク

  • "海外ドラマの音楽"メインページ

更新履歴

シーズン1を別記事にまとめ、シーズン2にUpdateしました(2018.05.15)

 

TOPに戻る

 

Marmozets ♪ The Weird and Wonderful Marmozets (2014)

 

The Weird and Wonderful Marmozets

The Weird and Wonderful Marmozets (2014) by Marmozets

 

2013年メジャーデビュー、3+2の兄弟グループという珍しい組み合わせの5人組、Marmozetsの1st♪

ジャンル的にはポスト・ハードコア・・・新世代パンクとも言われているらしいですね。

このバンドの好きなところは、まず存在感たっぷりのVo.ベッカちゃん!可愛い顔で驚きの激情シャウトなんです(*´艸`*)

それから、変拍子があったり展開も凝っていて面白い楽曲の良さ、がなんといっても一番の魅力かな。

演奏も上手いですしね。

ヴォーカルが映えるアグレッシブな気持ちのイイ曲が多いけど、かと言ってヘヴィ過ぎないところが良いんです。

「Cry」のようなしっとりした曲も含めて、全体の構成がちゃんと考えられてるって思う、若いけどなかなかなアルバムです♪

先日、来年1月の2ndアルバムリリースが発表されたし、今後が楽しみなバンドの一つです(*^^*)

 

「Move, Shake, Hide」

 

「Captivate You」