tabby's memorandum

tabby's memorandum

洋楽ロック中心に、浅く狭く(^_^;) 気ままなCD整理簿みたいなブログです♪

Three Days Grace ♪ Transit of Venus (2012)

 

f:id:tabby0223:20161102005414j:plain

Transit of Venus (2012) by Three Days Grace

 

Three Days Graceの4th、元Vo.Adam Gontier在籍、最後のアルバムです。

このアルバムを聴くと、アダムが抜けたと言う"ショックな何とも切ない気持ち"が蘇ってくるんですよね。

脱退後に、一人でアコギで歌ってる映像にこのアルバムの曲が多かったのも、余計にそう思う要因かも。

一方曲はというと、明るいとは言えないけど2ndまでのダークさは減って、前作3rdのPOPな感じと、加え開放的な雰囲気もあったりするんですよね。

ジャケットからして、カワイイし。

アルバムを作った頃には既にアダムの中で脱退を決めていて、その前向きさが現れてたのかなーなんて、後々勘ぐったりしてたけど、アダム好き故の勝手な思い込みですかね~。

穏やかで爽やかとさえ言える曲もあって、当時はナンだナンだと思ったりもしたけど・・・。

でも音はやっぱりTDG

今、聴き直してみると、コレ!というキラーチューンはないんだけど、なかなか良い曲が揃ってるな~と思うのです。(アダム復活<Saint Asonia>の余裕的発言・・・^^;)

 

「Chalk Outline」
このアルバムの中では重めの曲。
アコギより、やっぱりバンド・サウンドがイイなー。この曲はドラムが好き♪

Three Days Grace - Chalk Outline Official Music Video HD 1080p

 

  

 

 

Puddle Of Mudd ♪ Volume 4: Songs In The Key Of Love & Hate (2009)

 

f:id:tabby0223:20161113203355j:plain

Volume 4: Songs In The Key Of Love & Hate (2009) by Puddle Of Mudd

 

フロントマンのウェスの逮捕とか、逮捕とか、逮捕とか・・・のニュースを聞く度に、もう次のアルバムは聴けないんじゃないかと残念な気持ちになる。

そんな、ポスト・グランジオルタナティヴ・ロックバンドPuddle Of Muddのメジャー4作目。

で、未だに今現在のオリジナル最新作・・・(T_T)

時々、思い出してはチェックしてみたりするんだけど、活動はしてるみたいなんですよね。

1stが大好きで、以降少し離れてしまったけど、このアルバムでやっぱり好きだなぁと改めて思っただけに、次が聴きたい!

この流れからいくと、初期の頃のようなダークな感じはないんでしょう。

でも、やっぱりウェスの曲のセンスは独特で、替りが思いつかないし、その分ほんとにもったいないな~と思うのです。

グランジっぽさは減ってるけど、1stをハードロック要素強めにした様なこの感じ 、イイと思うんですよね。

まだ、次待ってて良いかなー。

 

「Spaceship」
えらく陽気だけど、POMらしいシングルカット曲。

Puddle Of Mudd - Spaceship

 

「Blood On The Table」
コレ、好きなんですよね。
近くにいると暴力沙汰に巻き込まれそうですが(^O^;)

Puddle of Mudd - Blood on the Table

 

 

  

RavenEye ♪ Nova (2016)

 

f:id:tabby0223:20161022224039j:plain

Nova (2016) by RavenEye

 

3ピースのUKハード・ロック・バンド、RavenEyeの1stアルバム♪

先行EPの曲を聴いて気になって、このデビューアルバム、楽しみにしてたんですよね。

で、これは!思っていたよりハマりましたー(*^^*)

最初に聴いた時、Rival Sons? Queens Of The Stone Age? Royal Blood?・・・っと。

気になるハズです(^O^)

曲もワンパターンではなくて、「Hero」のような疾走感ある曲から、「Madeline」「Walls」の様なダークな雰囲気のものまでいろいろ。

70年代を感じさせる曲に、そして、アコースティックで始まるバラードで締めるなんて、新人なのになかなかです♪

なにより、好きな"重めの低音"が効いていて、良いんですよね~。

"王道ハード・ロックをプレイする期待の実力派バンド"という売出しみたいだけど、個人的にも今後の注目バンド、決定かなー。

彼らの色がどんな風になっていくのか、楽しみですね。

 

「Inside」
この短期間で、1番のお気に入りがコロコロ変わってるけど、今はこれかなー。
いや、「Hate」とか、他も捨てがたいんだけど・・・。 


Inside (Official Video)

 

「Hero」
こんな、人達です!かっこ良いではないですかー(^o^)


RavenEye - Hero (Official Video)

 

Blues Pills ♪ Blues Pills (2014)

 

f:id:tabby0223:20161023123459j:plain

Blues Pills (2014) by Blues Pills

 

8月に2ndアルバム『Lady In Gold』がリリースされたBlues Pills

忙しかったのと、続いてNewアルバム豊作の時期に突入してなんだか買いそびれてるので、まずは1stアルバムを。

活動の拠点はスウェーデンだけど、ヴォーカル以外、ギターはフランス人、ベースとドラムはアメリカ人という多国籍な4ピース・バンド。(現在は、メンバーが替りドラムもスウェーデン人)

基盤のブルース・ハードロックに、このジャケットからも想像がつくサイケデリックな雰囲気が加わった、ヴィンテージ感たっぷりなサウンドです。

そして、このバンドの一番の特徴は、やっぱりヴォーカルかなー。

ジャニス・ジョプリンがよく引き合いに出されるみたいだけど、エリン・ラーソンのパワフルな歌声は、とにかくカッコイイんですよね。

  

「High Class Woman」
長ーい間奏も、また聴き応えがあったりします(^^) 


BLUES PILLS - High Class Woman (OFFICIAL MUSIC VIDEO)