tabby's memorandum

tabby's memorandum

洋楽ロック中心に、浅く狭く(^_^;) 気ままなCD整理簿みたいなブログです♪

『The Blacklist』Season2 の音楽

海外ドラマブラックリスト』シーズン2(2014年~2015年)の音楽メモです。

"海外ドラマの音楽"メインページはこちら

『The Blacklist』Season2で使われた曲

Blacklist_2-1

ドラマの中で使われた曲をまとめてみました。

Netflix版で確認。クラシック、イメージ音楽等は除外してます。
間違っている曲やリンク切れ、教えていただけると嬉しいです。

その他のシーズン
Season1/Season2/ Season3/Season4/Season5

2-1. ボルティモア

_ Lord Baltimore

  • ZZ Top - La Grange  
    scene:ヤバーリの元に連れて行かれるレッド
  • Caught a Ghost - No Sugar In My Coffee  
    scene:リズがホテルで支度をしながら
  • The Ink Spots - We Three  
    scene:ローワンの別人格になるスイッチの曲
  • Ages and Ages - Divisionary (Do The Right Thing)  
    scene:リズとトムの結婚の記録が抹消される

2-2. モナーク・ダグラス銀行

_ Monarch Douglas Bank

  • Handsome Furs - Legal Tender  
    scene:銀行が襲撃される
  • Tom Odell - Long way down  
    scene:ベルリンからナオミを取り戻す
  • Tom Odell - Heal  
    scene:レッドがリズに情報源の事を尋ねる

2-3. ジェームズ・コヴィントン医師

_ James Covington

  • Michael Rheault - Forever and a Day  
    scene:バーナード・バビットにコヴィントン医師の紹介を頼む
  • Fink - Pilgrim  
    scene:リズがホテルの部屋に戻る

2-4. ライナス・クリール医師

_ Linus Creel

  • The Chain Gang of 1974 - Make My Body  
    scene:ダンカンがアンバーとチャット
  • Junip - Tide  
    scene:リズがナオミを訪ねる

2-5. ザ・フロント

_ The Front

  • Scott Walker - The Seventh Seal  
    scene:男性がブラックライトの下で絵画の写真を撮る
  • Beck - Go It Alone  
    scene:リズの代役が窓際で監視人を誘惑
  • Cloud Cult - You Were Born  
    scene:レッドが治療中のリズに聴かせる曲

2-6. モンバサ・カルテル

_ The Monbasa Cartel

  • Poirier - Bang Bang (feat. Warrior Queen 
    scene:ルームサービスを装い男を殺す
  • Timber Timbre - Run From Me  
    scene:剥製師マシューの仕事中
  • Liturgy - Harmonia  
    scene:リズがエルサとしてジェフ・パールに会いに行く
  • Jody Brian Quartet - Drifting Home To You  
    scene:レスラーは森のなかで剥製となった人々に会う
  • Daniel Martin Moore - Proud As We Are  
    scene:事件が解決し、リスはレスラーの錠剤を見つける

2-7. シミタール

_ The Scimitar

2-8. デカブリスト

_ The Decembrist

  • Other Lives - Great Sky  
    scene:レッドはトムに、二度とリズに会わないように警告する

2-9. ルーサー・ブラクストン: 前編

_ Luther Braxton

  • The Who - Magic Bus  
    scene:レッド逮捕のニュース
  • The Brothers Bright - Blood on my name  
    scene:リズがブラクストンに捕まる

2-10. ルーサー・ブラクストン: 後編

_ Luther Braxton: Conclusion

  • Radical Face - Baptisms  
    scene:エピソードend

2-11. ルスラン・デニソフ

_ Ruslan Denisov

  • Vika - Want You  
    scene:レッドとレスラーが現状についての話をする
  • Mavis Staples - Every Step  
    scene:エピソードend

2-12. ケニヨン・ファミリー

_ The Kenyon Family

  • Homer Greencastle - All There Is?  
    scene:(28:50)山の中でリズが見つけた車から
  • Bobby Darin - Beyond the Sea  
    scene:エピソードend

2-13. ディア・ハンター

_ The Deer Hunter

  • Mama Cass - Dream A Little Dream Of Me  
    scene:女性が小鳥に話しかける
  • The Turtles - Happy together  
    scene:トレイシーがメアリーの家へ
  • Hozier - Angel Of Small Death & The Codeine Scene  
    scene:エピソードend

2-14. T・アール・キング6世

_ Earl King VI

  • Peter Schilling - Major Tom (Völlig Losgelöst)  
    scene:トムは次の仕事の準備をする
  • My Morning Jacket - Spring (Among the Living)  
    scene:キング家が逮捕される

2-15. 少佐

_ The Major

  • Rock und Rollinger - Von dr Alb ra (feat. Moggi)  
    scene:トム、ドイツのバーで
  • X Ambassadors - Heist  
    scene:判事との話の中での回想
  • King Harvest - Dancing In the Moonlight  
    scene:男が車で撃たれる

2-16. トム・キーン

_ Tom Keen

  • Radical Face - Always Gold  
    scene:エピソードend

2-17. 不老不死研究所

_ The Longevity Initiative

  • Josh Ritter - Baby That's Not All  
    scene:レスラーはリズの誕生パーティーをオフィスで

2-18. ヴァネッサ・クルス

_ Vanessa Cruz

  • Bitter:Sweet - Drink You Sober  
    scene:カールトンを呼び出したホテルの部屋で

2-19. レナード・コール

_ Leonard Caul

  • Hanni El Khatib - Save Me  
    scene:レッドの医療チームが準備をする
  • Glass Animals - Exxus  
    scene:術後のレッドが襲撃にあう前

2-20. クウォン・ザン

_ Quon Zhang

  • Peggy Lee - Big Spender  
    scene:(9:30)レッドは計画を話す
  • Don Brownrigg - How Are You Supposed To Know  
    scene:エピソードend

2-21. カラクルト

_ Karakurt

  • Barbara Lewis - Hello Stranger  
    scene:トムはリズをダイナーに呼び出す

2-22. トム・コノリー

_ Tom Connolly

  • Algiers - Black Eunuch  
    scene:リズが停電中に逃げる
  • Dustin O'Halloran - An Ending, A Beginning  
    scene:リズはトムに連れ去ってと頼む
  • Elton John - Rocket Man  
    scene:リズは昔の記憶を取り戻す

pick out -気になる音楽-

ドラマで使われた音楽の中の「気になる・好き・おもしろい」をメモしておきます。

"Mark Lanegan"

 episode7で使われた:Mark Lanegan Band - Bleeding Muddy Water

マーク・ラネガンは、80年代後半から90年代前半に活動していたグランジ・バンド"Screaming Trees"のフロントマン。

バンド解散後は、ソロの他にも"Queens of the Stone Age"はじめ、いろいろ参加してますけど、どこで聴いてもこの声は一発でわかります。お腹に響く太くて渋い低音は、聴き間違えようがないですね。

その"いろいろ"の中から、元ベル・アンド・セバスチャンのイザベル・キャンベルとのコラボを。この二人の声の組み合わせは絶妙です。

「Come Undone」by Isobel Campbell & Mark Lanegan

関連リンク

  • "海外ドラマの音楽"メインページ

更新履歴

シーズン1を別記事にまとめ、シーズン2にUpdateしました(2018.05.15)

 

TOPに戻る