tabby's memorandum

tabby's memorandum

洋楽ロック中心に、浅く狭く(^_^;) 気ままなCD整理簿みたいなブログです♪

初期が好み♪ Silversun Pickups

持ってるアルバム1枚毎に記事にしてたけど、UPするより入手数の方が多いって・・・。「ずっと終わらない!」と当たり前な事にやっと気付いた(≧▽≦)

という事で、ちょっとまとめてメモ(^_^;)

Silversun Pickupsのアルバムまとめてメモ 

Silversun Pickupsは好み的には初期

Silversun Pickups

Silversun Pickups
(シルバーサン・ピックアップス)

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の4人組。

・Brian Aubert (Vo./Gt.)
・Nikki Monninger(Vo./Ba.)
・Chris Guanlao(Dr.)
・Joe Lester(Ky.)

デビュー当時は、ポスト・スマパンって言われてましたよね。確かに似てるけど、あー、紅一点の女性ベーシストというところもかぶるのかも。

インディ・ロック、シューゲイズなオルタナティブ・ロックバンドです。

私は特に好きなのは、歪んだギターに爆音、普遍的だけどポップでインディっぽさが強い2ndあたりまでかな(^^)

しかし、彼らの曲はどうしてこんなに切なく聴こえるんだろう。激しさの中にある儚さみたいな・・・。それって、ドラマティックな曲展開とメロディももちろんだけど、多分ブライアンの声質によるところが大きいと思うんですよね。この見かけの感じと違った(^_^;)繊細な声でシャウト!は絶妙です。

あと、もう一つ好きなのはドラム。パワフル過ぎて合わないという声もあるみたいだけど。確かに初期の曲は、自然と耳につくんだな~。

最近の曲は、よりキャッチーで洗練された音になってきてますね。ドラムも溶け込んじゃって。私的には少し寂しいけど、より確立されたこの世界観がたまらなく好きな人、きっと少なくないですよね。

Silversun Pickupsのアルバム

最新は2015年の4thだけど、持ってるのは1st~3rd。

『Carnavas』2006

Carnavas

★ my favorite album

2005年のデビューEPを経て、翌2006年にリリースされた1stフルアルバム♪

ヒットした2ndに比べると荒削りかもしれない。けど、そのインディらしい勢いがイイんですよね。ノイジーな爆音と、退廃的な雰囲気を醸し出す静動のバランスはこのアルバムが一番好き。

90年代好きにオススメしたい(^o^)

Vがカッコイイ大好きな曲「Well Thought Out Twinkles」
イイ曲です「Lazy Eye」

『Swoon』2009

Swoon

1stからの延長で、変拍子があったりより幅広く洗練された印象の2nd♪

2008年のサマソニに出演したと言うこともあるんですかね。このアルバムが一番知られていますよね、きっと。日本だけでなく、実際、彼らの出世作だし。

アルバム毎に進化して独自の世界が作られてきてるって感じる良作です。

ジャケットも、何かわからないけど色合いが好き。 

一番のヒット曲「Panic Switch」
変則的なリズムが心地良くて好き「There's No Secrets This Year」

『Neck of the Woods』2012

Neck of the Woods

電子的な音が増えたなーと感じる3rd♪

このアルバム、彼ら曰く「ホラー映画のような作品」なんだって(@_@)

よりドラマティック性を増した曲達は、確かに背筋がゾッとする雰囲気があるかも。

ジャケットだって、"普通の顔をした殺人鬼が住んでる近所の家"・・・を連想してしまいます・・・なんだか。

ホラー?な1曲目「Skin Graph」

メモして思ったこと

このバンド、3年毎にコンスタントにフルアルバムが出てるんですよね。

4thが2015年だから・・・来年かもしれないですね。

 

広告を非表示にする