tabby's memorandum

tabby's memorandum

洋楽ロック中心に、浅く狭く(^_^;) 気ままなCD整理簿みたいなブログです♪

ごっついのに癒される♪ Seether

更新は気ままでマイペース・・・ではありますが、あまりにも過ぎやしないか?・・・と。

Seetherのアルバムまとめてmemo

Seetherってほんとイイ曲作る

Seether

Seether
(シーザー)

「ごっつい見かけなのに癒し系の音楽なのかー」って、大きな誤解を生みそうですなタイトルですが・・・。

南アフリカ共和国発、3ピースのポスト・グランジオルタナティブ・ロックバンド♪

音的には、メタル要素も強いですね。オルタナティブ・メタルでいいのかな?

決して癒し系の音ではない。何に癒やされるって、それはVo.ショーンの声が一番でしょうね。

そしてイイ曲作るんです、彼ら。

見かけ通りのゴリゴリハードなオルタナから、何か心に響くスローな曲まで。

良い意味でずっと変わらない雰囲気と曲のセンスは、もう信頼に値するかなと。

Seetherのアルバム

改名前のSaron Gas(サロン・ガス)名義のアルバムが1枚(『Fragile』)。

以下、Seetherとしての1枚目『Disclaimer』から2017年リリースの最新『Poison the Parish』までをmemo。

基本、どれも好きだなぁ。

『Disclaimer』2002

Disclaimer

未所持

Seether名義でのデビューアルバム

『DisclaimerⅡ』2004

DisclaimerⅡ

★ my favorite album

ここの原点あってのSeether

1stに数曲追加され、"Ⅱ"としてリリースされたアルバムです。

ハードな曲ももちろんイイけど、心を打つような良曲は、こんな初期からなんですよね。またその両極のバランスがイイんです。(この頃はどぎつい歌詞多いみたいだけど。)

このアルバムは唯一国内盤があるんですよね。当時恋人だったEvanescenceのエイミーとのWヴォーカルアレンジ「Broken 」があるからかも。

このアルバムから曲を選ぶって・・・困った。

選べないからとりあえず1曲目「Gasoline」
名曲です「Fine Again」

『Karma and Effect』2005

Karma and Effect

前作の勢いを引き継ぎつつ、より完成度が高くてまとまってる印象。

でも、決して大人しい訳ではないんですけどね。

ハードなSeetherが好きな人におススメです。

しかし、怖すぎるジャケット。

キャッチーなヒット曲「Remedy」
なんだか苦しいけど好きな曲「The Gift」

『Finding Beauty in Negative Spaces』2007

『Holding Onto Strings Better Left to Fray』2011

『Isolate and Medicate』2014 

『Poison the Parish』2017

Neck of the Woods

昨年5月リリースの最新アルバム。

ハードさが戻りましたね。

そうそう、このダークなミドルテンポは紛れもなく彼らで、そして超好みです。

毎回だけど、どの曲もそれぞれ良くて嫌いな曲がない。

基本的にはいつもの路線ですよ。でも飽きないから不思議です。

この先行曲で楽しみ倍増でした「Let You Down」
2面性がおもしろいMV「Betray And Degrade」

更新履歴

  • (2018.9.30)既に記事にしていたものを含めて全アルバムをまとめました。